日本風に仕上がる

メジャーを伸ばす男性

家をつくる際には、様々な工程を経る必要性があります。内装や、外装にも多くの種類がありますが、日本の伝統的な方法の一つに塗り壁というものがあります。 塗り壁は、日本で長いあいだ使用されてきた技法であり日本の風土に適したものとも言えます。また、天然素材を使用するため、環境面、健康面でも優れた技法であると言えるでしょう。 そんな塗り壁ですが、工事の際に、時間が長くかかってしまう問題と、コスト面でも高くつくといった問題点が存在しますが、しかし、塗り壁の利点として、一度作ってしまうと、内装のメンテナンスをしなくても良いという利点が有り、そのため、リフォーム工事などの際に費用を抑えることができるなどの点も塗り壁の利点と言えるでしょう。

日本の木造家屋に多く使われていたのが塗り壁です。代表的なのは「しっくい壁」で、竹を編んだ木舞という下地をつくり、その上から粉状の消石灰を主原料としたしっくいを塗り込んでいくという技法の塗り壁です。施工に時間と手間がかかり塗り手の技量が必要とするために、いつしか安価で安直なビニールクロスなどの壁材に取って替わられるようになりました。 湿気や汚れを吸い取り、インテリアとしての見栄えも良く、何より自然素材であるという理由から、最近ではリフォームを機に塗り壁にする家庭が増えてきています。従来の手間がかかった下地づくりには石膏ラスボードを使用して、簡便に塗り壁にする方法が一般的になってきました。 また「珪藻土」という植物プランクトンの化石化した土を使った塗り壁も、素朴でざっくりとした温か味がある風合いで素材として注目を集めています。